新着情報

美のち・から〜豊穣と自由をあなたへ〜無料メールマガジンの購読申し込みはこちら

キレイになる”基本”のキ虎の巻☆入門編☆無料メールセミナーの購読申し込みはこちら


★★★ シンボリックリーディング入門講座 ★★★
マインドシンボリックリーディング
ライトライセンスコース
個別講座 ⇒
70726f647563742f32303134303130355f6361343332612e6a7067003235300000660066.jpg
★★★ シンボリックリーディング初級講座 ★★★
セルフシンボリックセラピーライセンスコース
【心のデータチェック】
個別講座 ⇒

セルフシンボリックセラピーライセンスコース
【心のメンテナンス】
個別講座 ⇒

2017年01月24日

悪循環を断ち切る

私たちの健康は
交感神経と副交感神経の
分業体制で保たれています。

活動するとき働くときには
交感神経が優位でなければ
やる気も馬力も生まれません。

すべてにおいて
副交感神経さえ
優位にしておけばいい
というわけではありませんが
交感神経が優位な状態が
長く続くと
体調不良や病気につながりやすく、
副交感神経が優位になることで
健康が保たれます。

この副交感神経を
優位な状態にできる最短で
確実な方法が
冷えた身体を温めることなのです。

湯たんぽを使って
効果的に温めるポイントは
「汗をかく前に
タイミングよく位置を変える」ことです。


注意することは、
やけど防止のために
必ず専用のカバーに入れて
湯たんぽを使いましょう。

当てる場合も
地肌ではなく必ず衣類の上からです。


椅子に腰かけて
4ヵ所を順番に温めていきます。


(1)お腹の上に
抱えてお腹と一緒に手も温める。

(2)太ももの前面にのせて
ときどき位置をずらしながら
太ももの前面をくまなく温める。

(3)お尻に当てる、
湯たんぽを椅子の背に立てかけて
腰からお尻にかけてを温める。

(4)二の腕(力こぶの反対側)
の下に湯たんぽを置いて温める。
テーブルや机の上に置いて
頬杖をついて左右の二の腕を温める。


それぞれ加熱時間は
3〜10分くらいを
目安にしてください。

一ヵ所に長く当てて
汗をかくまで温めると、
むしろ身体が冷えてしまいます。


お湯が冷めたら入れ替えて、
2〜3巡してもよい。

身体の冷えが
集中するのは大きな筋肉です。

そこを湯たんぽで
集中的に温めることで
全身の血流がよくなり、
加熱を繰り返しているうちに
冷えの悪循環を
断ち切ることができます。


二の腕を温めると
指先までポカポカします♪




☆メールマガジン
『美のち・から
 〜豊穣と自由をあなたへ〜 』
http://www.reservestock.jp/subscribe/24574

☆『キレイになる
 "基本"のキ虎の巻☆入門編☆
  無料メールセミナー』
http://www.reservestock.jp/subscribe/25253

☆彡Facebook
http://www.facebook.com/nanako.ikoma

☆ブログ
『nanacoのBeautyリーディング』
http://ameblo.jp/venusclan

☆ツイッター
http://twitter.com/venusclan


◆◇◆ メールマガジン
 「わたしがキレイになる秘密の話」 ◆◇◆

☆発行責任者: ヴィーナスクラン 生駒名菜子
☆公式サイト: http://venusclan1.seesaa.net/
☆問い合わせ: nanako.ikoma@gmail.com
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001004420.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック